手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

PELFとは

最小侵襲脊椎手術「MISS(Minimaiiy Invasuve Spine Surgery)」による手術法の一つです。「PELFペルフ」は英文名“Percutaneous Endoscopic Lumbar Foraminoplasty” 日本語名では「経皮的内視鏡下腰椎椎間孔拡大術」です。椎間孔狭窄が適応となり、狭窄部に外側ヘルニアが存在していることもあります。

PELFは狭くなった椎間孔を細い内視鏡を使いドリルで削って広げることで症状の改善を期待する手術です。

手術機器

PELFの特徴

椎間孔狭窄症へアプローチするために開発された術式です。PELD-EFが外側ヘルニア(椎間板が椎間孔部に突出したもの)を摘出することで神経の障害を取り除く手術であるのに対し、PELFはダイヤモンドドリルを使用して狭くなってしまった神経の通る孔を広げ神経の圧迫を取り除く手術です。

従来の切開法の手術(切開口10cm~15cmぐらい)に比べると、切開口も6mm~8mmと更に小さくなり、体への負担が格段に軽くなりましたので手術後3時間程度はベッドでの安静が必要ですが、日帰りの手術による早い社会復帰が可能です。

手術のリスク・副作用等について

  • 術後血腫
  • 感染
  • 神経損傷

当グループではこれらの可能性を低減するべく、リスク管理の徹底、治療機器の開発、診断機器の導入、技術の研鑽を行っております。手術に関するリスクについても詳細に説明いたしますので、ご心配事は当院医師にご相談ください。
また、上記3点が起きる可能性は当グループでは統計上2%未満です。

手術費用

  • PELFは自由診療です。1カ所目140万円(税込154万円)
  • 2カ所目70万円(税込77万円)3か所目50万円(税込55万円)かかります
  • 手術費用には術後3か月間の検査代、診察代が含まれています

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)