初診・外来案内OUTPATIENT

  1. トップ
  2. 初診・外来案内
  3. 特別外来

特別外来

東京腰痛クリニックでは、脊椎の名医として知られる2名の大学教授の診察がお受けになれます。
難しい病状についても経験・知識が豊富で、他院ではなかなかお受けになることができない先生方です。

また、「スポーツと腰痛のセカンドオピニオン特別外来」も行っておりますので、是非、ご利用ください。

(特別顧問の診察日は、日時や患者数などが限定されますので、予めお電話にてご予約ください。)

特別顧問 国分 正一(こくぶん しょういち)
(東北大学 名誉教授、日本脊椎脊髄ドック協会 監事)

10年ほど前から、当東京腰痛クリニックで毎週水曜日に診療を担当しております。

脊椎ドック(脊椎精密検査)と私が研究開発した「筋硬症(筋肉が硬いことからの痛み)」の診断・治療を通して、脊椎(背骨)はもとより様々な部位の痛みを取り除くとともに、痛みに伴う悩みや不安が解消するようお手伝いして参りました。

首いた、腰痛、坐骨神経痛、手足のしびれ・麻痺、歩行困難が背骨の変形(首下がり、腰曲がりなど)や椎間板・椎間関節の異常、脊髄・神経根の圧迫によって生じます。こうした障害には脊椎ドックの緻密な診察とMRI・CT・レントゲンの画像診断でお応えできます。しばしば脊椎の手術が必要となり、その場合には、短期間の入院で復帰できる内視鏡手術を含めて理にかなった手術法を説明いたします。

その一方で、痛みの9割は学会・学者によっても「非特異的(原因不明)」か、あるいは「線維筋痛症」、「神経障害性疼痛」、「むちうち症」、「頚肩腕症候群」、「心の問題」などと説明がされてきました。

実は、そうした痛みの大多数は筋硬症が原因と考えられます。「薬が効かなかった」、「薬で具合が悪くなった」、「どこで診て貰ってもよくならなかった」、「日増しに悪くなっている」と話される患者様が、私の診察と指導する自己療法で、痛みの「責任筋」が柔らかくなり、痛みが消えて微笑まれます。また、確実な除痛と安定化のために、必要と判断されれば「責任筋」に局所麻酔剤の注射(ブロック)を行っております。

私の研究は、「広がりが神経の分布に一致しない痛みが何故多いのか」、「筋肉にブロック注射をすると痛みがとれ、筋肉が柔らかくなる、即ち筋肉が硬い筋硬症だから痛い」に始まりました。次いで筋肉ごとの診察法を作り上げました。さらに筋肉の硬さをコントロールする反射があって、しかも筋肉が硬いと、痛みを起こさない筈の刺激も痛みと感じてしまうこと(痛み閾値の低下)が分かりました。そして、自己療法を筋肉ごとのストレッチ「30秒法」から「3回法」へ、最近ではそれぞれの筋肉に固有な皮膚領域への「ソフトタッチ法」へと発展させることができました。

こうした研究成果に基づく診療を通して、患者様がよくならないと諦めていた痛みが解消されて通常の生活に戻って頂けるように、お一人お一人の痛みに対応しております。

略歴

  • 1968年 東北大学医学部医学科卒業
  • 1992年 オックスフォード大学整形外科留学
  • 1995年 東北大学医学部整形外科教授
  • 1996年 中国吉林大学名誉教授
  • 1996年 ホーチミン市名誉市民
  • 1996年 香港大学訪問教授
  • 2003~2010年 「骨と関節の10年」世界運動・国際運営委員会委員
  • 2006年 シンガポール大学訪問教授
  • 2006年 定年退職し東北大学名誉教授
    以降、国立病院機構仙台西多賀病院・脊椎脊髄疾患研究センター長
  • 2007~2017年 (公財)整形災害外科学研究助成財団理事長

学会

  • 2001年 国際小児整形外科学会(IFPOS)・日本小児整形外科学会合同学術集会会長
  • 2004年 日本整形外科学会学術総会会長
  • 2004年 タイ王立整形外科医協会名誉会員
  • 2005年 日本脊椎脊髄病学会学術集会会長
  • 1999~2005年 国際整形災害外科学会日本代表
  • 2001~2006年 アジア太平洋整形外科学会日本主席代表
  • 2003~2009年 日本小児整形外科学会理事長
  • 2005~2008年 アジア太平洋脊椎外科学会会長
  • 2021~2022年 アジア太平洋整形外科学会会長予定

K点診療特別外来

老若男女を問わず、体のどこかに「痛み」を抱えている方、原因や治療法が見つからず悩まれている方が少なくないでしょう。「原因不明」とされるような痛みも含め身体の痛みの85%~90%は筋肉の過度の緊張から生じています。

原因不明の痛みは、線維筋痛症(せんいきんつうしょう)や神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)、頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)、肩関節周囲炎(かたかんせつしゅういえん)、胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群、むちうち症、はては身体・心理・社会的症候群などの概念的な病名で説明されがちです。

こういった痛みでお悩みを抱えた皆様に当クリニックでは、国分正一先生が研究、開発されたK点診療特別外来の受診を案内させていただいております。

K点診療特別外来では、痛みを発している筋肉を特定し、それぞれの筋肉をやわらげるための自己療法を指導します。頑固な痛みには筋肉にブロック注射をする場合もあります。

国分先生のK点診療特別外来をご希望の方は、まずはお電話にてご予約をお取りくださいますようお願い申し上げます。

診療日

毎週水曜日

以下のような方にお薦めです

仕事・家事が辛い、薬が効かないなど、痛みで苦しんでいる方にお勧めです。
受診で痛みがとれた後、その痛みに再び襲われないようにするには、再来でブロック注射を受けるだけでは不十分で、お渡しするパンフレットに従って自己療法を励行し、ご自身の生活に取り入れていただくことが肝心です。

受診時にはご家族様の同伴をお勧めします。診察と自己療法の説明、その効果をそばでご覧になれば、患者様の痛みが「筋硬症(筋肉が硬いことからの痛み)」が原因で、「心や人間関係」からのものでは決してないと理解できます。患者様が痛みから解放されるのを支えることが容易になります。また、自己療法を一緒に行えば、ご家族様にとっても痛みの予防にもなります。

K点診療料金

  • 初回1時間 20,000円(税込22,000円)
  • 2回目以降 20~40分 10,000円(税込11,000円)
    脊椎ドック後に受けられる場合は2回目以降の料金が適用されます。

(健康保険対象外の自由診療です)

特別顧問 西良 浩一(さいりょう こういち)
(徳島大学医学部整形外科 教授)

西良教授のご紹介

スポーツ医学と脊椎外科をご専門とされ、鋭い診断力と身体に負担の少ない治療法に定評が有ります。特に、プロやトップアマのスポーツ選手の治療経験を豊富にお持ちです。

オリンピック選手、プロ野球選手、プロサッカー選手、プロボクサー、プロゴルファー、ハンドボール選手、陸上選手などへの診療を長年にわたって行ってこられ、アスリート達の間では名医として有名であり、わざわざ徳島県まで受診にいく選手も後を絶ちません。

略歴

徳島大学医学部卒、米国アイオワ大学・トレド大学・オハイオ医学総合大学留学、帝京大学医学部整形外科准教授を経て、現在、徳島大学医学部整形外科教授。

日本脊椎脊髄病学会 評議員、日本整形外科スポーツ医学会 理事、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員、日本内視鏡低侵襲脊椎外科学会 世話人、国際脊椎内視鏡・ナビゲーション・低侵襲手術会議 評議員、太平洋・アジア低侵襲脊椎手術学会 理事、日本体育協会スポーツドクター

当クリニックの特別外来は、主に自費診療となっております。まずはお電話にてお問い合わせください。

スポーツと腰痛のセカンドオピニオン 特別外来

スポーツ選手の多くが「腰痛」などの症状をお持ちですが、どのドクターに診てもらったら良いのかが分からずにお困りの方も多いかと存じます。

当クリニックでは、西良教授をはじめとしたスポーツ医学に精通した経験豊富な脊椎専門医の診療をお受けになることができます。今までどの病院に掛かっても治らなかった症状の原因を突き止め、適切な治療方針を導き出します。患者様への説明や指導も懇切丁寧に行います。 セカンドオピニオン特別外来をご希望の方は、まずは、お電話にてご予約をお取りくださいますようお願い申し上げます。

診療日

毎月 1~2回

診療日は毎月変わりますので、お電話にてご予約の際にご確認ください。

以下のような方にお薦めです

  • ご自分の病状とその原因に合った適切な治療方法をお知りになりたい方
  • 他院にて治療を受けているがなかなか良くならなくてお困りになっている方
  • 今後も主治医は変えないが治療方針の参考となるセカンドオピニオンを望まれる方
  • スポーツ選手として、どのようにケガと向き合っていくのかを迷われている方
  • 医師に手術が必要と言われて迷われている方
  • 今の治療方法を続けていくことが正しいのかどうかをお知りになりたい方

セカンドオピニオン料

  • 30分 30,000円(税込33,000円)
  • 45分 45,000円(税込49,500円)
  • 60分 60,000円(税別66,000円)

(健康保険対象外の自由診療です)

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)