手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

PELとは

最小侵襲脊椎手術「MISS(Minimaiiy Invasuve Spine Surgery)」による手術法の一つです。「PELペル又はPELLペルル」は英文名“Percutaneous Endoscopic Lumbar Laminectomy”の頭文字をとった呼び方です。日本語名では「経皮的内視鏡下後方除圧術」です。MISSの中でも難易度の高い手術です。

加齢や重労働などにより靭帯が厚くなったり、骨や椎間板が出っ張ったりして脊柱管が狭くなることを脊柱管狭窄といい、しびれや痛みを出すことがあります。PELは、狭くなった脊柱管を広げるために、7~8mmの細い内視鏡を使って厚くなった靭帯や出っ張った骨や椎間板を取り除き、脊柱管を広げることによって、圧迫されていた神経を楽にしてあげる手術です。体への負担の少ない手術のため日帰りで実施しております。

(翌日も診察をしますので遠方の方はクリニック近くのホテルに宿泊されることをお勧めいたします)

PELの特徴

脊柱管狭窄症に対する手術です。
これまでの狭窄症の手術は全身麻酔にて行う手術しかなく、ご高齢の方にとっては、全身麻酔では手術ができないという方も多くいました。PEL法では内科的な重篤な病気がなく全身状態が良ければ手術することが可能となりました。80歳90歳でも年齢だけであきらめる必要はありません。

従来の切開法の手術(切開口10cm~15cmぐらい)に比べると一般的な内視鏡手術MEL法(切開口15mm~20mm)が普及することによって患者さんの体への負担が軽くなりました。

PELは切開口が7mm~8mmと更に小さくなったことにより、硬膜麻酔下での手術が可能となりました。

PELのメリット

  • 硬膜外麻酔で行うため、全身麻酔では手術が受けられない人でも手術ができる可能性がある
  • 手術後3~4時間後には独歩可能になり、トイレなども自力で可能
  • 皮膚切開が小さい(7mm~8mm)為、従来に比べ傷跡が目立ちません

手術のリスク・副作用等について

  • 術後血腫
  • 感染
  • 神経損傷

当グループではこれらの可能性を低減するべく、リスク管理の徹底、治療機器の開発、診断機器の導入、技術の研鑽を行っております。手術に関するリスクについても詳細に説明いたしますので、ご心配事は当院医師にご相談ください。

また、上記3点が起きる可能性は当グループでは統計上2%未満です。

手術費用

  • PELは自由診療です。1カ所目140万円(税込154万円)
  • 2カ所目70万円(税込77万円)3か所目50万円(税込55万円)かかります
  • 手術費用には術後3か月間の検査代、診察代が含まれています

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)