手術・治療のご案内SURGERY / TREATMENT

  1. トップ
  2. 手術・治療のご案内
  3. 椎間孔狭窄症とは

椎間孔狭窄症とは

椎間孔(ついかんこう)とは

椎間孔
神経の流れ

「椎間孔」とは、背骨から横に向かって伸びている神経が通るあな(通り道)のことです。

私たち人間の体において、頭(脳)から出た太い神経は、背骨に沿ってお尻まで伸びていますが、途中の所々のあなから横に向かって細い神経が出ており、それらが筋肉や内臓、腕や足にまで到達して、脳からの指令を伝達しています。

これら、所々のあなのことを「椎間孔」と呼び、椎間孔からお髭のように出ている細い神経のことを「神経根しんけいこん」と呼びます。(下図の矢印部分)

神経根
神経根

椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)とは

椎間板がつぶされて骨と骨の間が狭まったり、骨自体が変形したり、椎間孔付近にある黄色靱帯(おうしょくじんたい)が肥厚したために椎間孔が狭くなることで、神経が圧迫された状態のことを椎間孔狭窄症(ついかんこうきょうさくしょう)といいます。

椎間孔狭窄症は基本的に加齢変化で生じます。すなわち、運動や職業などによる負担による椎間板の老化や、日常生活における悪い姿勢や、身体の動かし方によって腰椎に歪みが生じることが主な原因となっています。

椎間孔
外側ヘルニアによる椎間孔狭窄

椎間板の中身が飛び出して神経を圧迫する病気を「椎間板ヘルニア」と言いますが、太い神経(脊髄神経)を押す場合だけではなく、細い神経(神経根)の通り道である「椎間孔」が狭くなって、「神経根」を押している場合もあります(この場合、椎間孔狭窄症とも呼べます)。

前述で椎間孔狭窄症は主に加齢変化が原因であると述べましたが、上記のような椎間板ヘルニアによる椎間孔の狭窄については、20~30歳の若い年齢層でも発症する場合が多くあります。

症状

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と症状が似ており、腰部から下肢にかけての痛みやしびれが主体です。

しかし、椎間孔狭窄症の場合、右ないし左片側だけの症状であることがほとんどであるという特徴があります。痛みしびれ症状が激烈になる事の多いことも特徴としてあげられ、また、腰を横や斜め後ろに反らすと痛みが出ることもあります。

診断方法

椎間孔狭窄症の診断は、身体症状、神経学的検査とMRIなどの画像検査の結果を同時に照らし合わせながら行っていきます。場合によっては神経根に麻酔をかけて反応を確認し診断して行くこともあります。診断が難しく、見逃されてしまうこともありがちな病態のため、脊椎の専門医師による診察が必要です。

病巣を見逃す原因の一つとして、「MRI画像の撮影条件」があります。MRIは体を様々な方向でスライスして撮影しますが、スライスの位置や厚み(ミリ単位)によって、得られる情報が異なります。

前述の「椎間孔」や「神経根」は、かなり小さな構造であることから、撮影条件によっては、病巣が写っていないことが有り得ます。

また、画像上で椎間孔狭窄が写っていても、専門医師でなければ診断が困難な場合も有り得ます。この場合、「痛みの原因となっている神経根の場所」と「症状(しびれ等)の発生場所」との関連性の鑑別が、診断において重要です。

以下の、「マンガでわかる脊椎ドック」の最終ページもご参考ください。

治療

まずは投薬やブロック注射などの保存療法で治療していきますが、改善が見られない場合や、症状が強い場合には、手術が検討されます。

手術が必要な場合には、「椎間孔」を広げる手術を行います。微細な部位にアプローチしますので、高度な技術が要求されます。

もし、「手や足がびりびり痛い、しびれる」「こんなに症状が有るのに、MRI画像を診た医師からは『何も無い』と言われる」など、そのような診断が下される場合には、一度、当院の脊椎ドック(脊椎精密検査)をご検討ください。

お問い合わせご予約CONTACT

受付時間 火~土曜 9:00~12:00/14:00~17:00(完全予約制。まずはお電話ください)