腰痛、首痛、手足の痺れ、椎間板ヘルニア、背骨の痛みなど頸椎・胸椎・腰椎疾患の治療、脊椎疾患の予防と早期発見を目的とした脊椎ドック(脊椎精密検査)を行っています ~中央区銀座にある東京腰痛クリニック~

脊椎圧迫骨折日帰り手術

脊椎圧迫骨折は非常に痛みが強く、通常、初期2~3か月はギプスやコルセットで骨が固まるのを待つのが標準的な治療です。患者さんはこの期間、強い痛みを我慢しなければなりません。また骨がうまく固まらないといつまでも痛みが残り、長期の入院や安静により筋力低下・食欲不振・認知症の原因になったりなど日常生活に大きな影響を与えかねません。しかし、当クリニックでは、すぐに手術を受けることができます。

脊椎圧迫骨折の治療

寝起き動作などで強い痛みがある場合や、せぼねを真っ直ぐに保てないような場合には、変形が起こる前に、人工骨(骨セメント)注入法による手術を行う必要があります。昔は、寝ていれば治るということで、背中が丸く変形する事はやむを得ないとされていましたが、痛みが治らずに、寝たきりになる場合も少なくありませんでした。
  当院では、日帰りで、3mmの針一本により高品質の人工骨(骨セメント)を注入して、椎体を安定化させる椎体増幅形成術を行っています。当院で使用するセメントは、安全な新素材骨セメントを使用するので、骨折後すぐにでも手術が可能です。手術を行えばすぐに疼痛の緩和がみられるなどの効果が実感できます。
  一方、骨粗しょう症には注射や内服薬で骨を強化する治療法も研究されていますので、これらの治療も併せて継続する必要があります。
  (保険治療の椎体形成術は、ギプスやコルセットの治療を2〜3ヶ月行った後にしか適応されません。保険手術はPMMAセメントが血管や脊髄に漏れる危険があるので、骨折がある程度固まった後にしか出来ません。)

経皮的椎体増幅形成術の手術手順


皮膚に局所麻酔を行ない、3mm程の針を圧迫骨折内に差し込み、メッシュ袋内に特殊人工骨(骨セメント)を入れる方法です。手術は30分程で終了します。


レントゲン透視側面像にて圧迫骨折の強い部分に針先をもっていく。


正面像で骨の真ん中に針を入れていく。ここまでの操作は約10分で終了。


先端が2cmのメッシュ袋がついており、骨セメントを注入すると丸く膨大してくる。


先端拡大図の透視像。袋は2cc以上にはふくらまないが、加圧すると小孔より適量が滲み出るため、任意の注入量で停止が可能。


メッシュ拡大図。小孔から、骨セメントはジワジワと滲み出る。他への漏れがなく安全な構造。人工腱にも使用されるポリエステル系の無害製品


メッシュ袋にカルシウム系の人工骨が注入されている途中。


急性期圧迫骨折の術前はMRIでのみ診断可能であり、通常のレントゲンでは判断しにくい事が多い。


袋の中に人工骨を注入することで、痛みが直ちにとれ、背骨が丸くなることを予防できた。

他手術との相違点

漏れのないメッシュ袋構造(安全)

メッシュ袋の中に人工骨(ハイドロキシアパタイト)を充填する。リン酸カルシウム(Ca40%・リン20%)が主成分であり、セラミックと似て多孔性のため骨細胞との融合性に富む。

ハイドロキシアパタイト(HA)は歯エナメル質の 95%をしめるが、硬度・歪み率が海綿骨程度で硬過ぎないため、脆弱な骨粗鬆にも衝撃力を与えない。

袋から滲み出た人工骨は骨折空間を充填し、HAの多孔性も骨との絡みを一層促進する。重合時発生熱は58℃以下であり骨に熱障害を起こさない。また骨成長元素である天然ストロンチウムのブレンドは新たな骨増殖を促進する。

従来型セメント注入法の問題点(危険)

保険診療で行なわれているセメント注入法はアクリル樹脂を使用するが、つぶれた骨を復元しようと量多く注入すると骨外に漏れる危険性がある。脊髄腔へ漏れると脊髄障害を起こし下半身麻痺を生ずる事も少なくない。また血管内に漏れると肺塞栓を起こし致命的となる。Dr.Bambangよりの提供写真

自然で理想的な人工骨セメントを使用(安全)

天然ストロンチウム(Sr)ハイドロキシアパタイトHAを基調とした人工骨を使用。
天然ストロンチウム(Sr)は珊瑚・歯・人骨に存在し、原子量88(一部86・87・84)の放射線を発しない骨成長促進元素である。Srイオンの直径はカルシウムイオンの直径より少し大きく、入れ替わりやすい。この結果骨細胞結晶化率が高くなる。骨粗鬆症や骨発育促進として薬物・サプリメントとして服用しており、放射性人工ストロンチウム89・90とは全く別次元の安全なもの。カルシウム・バリウムとともにアルカリ土類金属としてよく似た構造を持ち、レントゲン透視でよく見る事ができる。
ハイドロキシアパタイト(HA)は歯のエナメル質の95%をしめ、骨内にも存在する。
HAは人工歯根・歯エナメル質修復材としても利用されている自然の材料であり、生体適合性がよい。硬度も骨とほぼ同様で、ペースト状から固形に硬くなる際の重合熱も低いので骨壊死をおこすこともない。

*人工ストロンチウム(危険) :ストロンチウム90(Sr90)はチェルノブイリ原子力発電事故で問題となった放射性物質で、骨や骨髄を破壊する大変危険な人工元素。ストロンチウム89(Sr89)はβ線放射を利用して骨転移癌の癌性疼痛緩和に用いられるが、白血球減少等の副作用もあり放射線科専門医の管理下で扱われる。一方、天然ストロンチウムは歯・骨内に存在する全く自然の安全なもの。

従来型セメント材質の問題点(危険)

PMMA(ポリメチルメタアクリレート:アクリル樹脂)を使用するが、本来はチタン人工関節と骨とを接着する骨セメントとして利用され、ハードコンタクトレンズにも利用される硬質プラスチックである。圧迫骨折の骨形成術にも利用され始めたが、ペースト注入後の発生熱が90~120℃となり、骨細胞壊死を引き起こしたり、発生ガスが血圧を下げたり不整脈を誘発する等の心臓毒が問題となっている。

PMMAは硬質プラスチックであり、骨細胞とは異質のため、接触面の骨細胞が萎縮をおこしclear zoneが形成されてくる。二つの物質が噛み合ない透明帯ができゆるみの原因となってしまう。また固まると硬度が石のように強いため、接触骨面との間にずれや空間ができたり、さらに後に隣接上下椎体の骨折を新たに発生することも少なくない。左図は一つ下の圧迫骨折が新たに発生したもの。Dr.Bambangよりの提供写真 

東京腰痛クリニックでの手術は自由診療(自費診療=保険外診療)としておこなっています。

経皮的椎体増幅形成術(メッシュ袋内骨セメント注入、圧迫骨折矯正手術)の場合

術後に提携先の帝国ホテルへ一泊宿泊いただいております(宿泊費含む)。
翌朝ホテルチェックアウト後に、検査センターでCT検査をお受けいただきます。
その後診察にお越しいただき、ご帰宅となります。

  • 手術費用は、一カ所目が900,000円、二カ所の手術をする際は700,000円追加となり、三カ所目の手術は500,000円追加となります。
  • 手術費用には、術後3ヶ月までの診察料・治療費が含まれております。

脊椎手術一覧表

当クリニックの手術は、お体への負担をできるかぎり少なくして、安全に且つ早期に仕事や日常生活にお戻りになれるよう、最小で高性能な器具・設備と高度なテクニックを用いますので、健康保険適用外で自由診療となりますことを、何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。
また、東京腰痛クリニックの手術料は愛知本院よりも若干高くなりますが、施設運営費が愛知県よりも掛かりますことから併せてご理解をお願い申し上げる次第です。

  手術法 対象疾患 入院 切開 麻酔 成功率 手術費用(税別)
椎間板ヘルニア
(腰椎)
PLDD
経皮的レーザー
椎間板ヘルニア
減圧術
軽度~中度の腰椎椎間板ヘルニア 日帰り なし


75% 45万円
(2ヶ所以上の手術では、
1ヶ所当たり12万円追加)
PERA
経皮的内視鏡下
ラジオ波
椎間板ヘルニア
凝縮術
軽度~中度の腰椎椎間板ヘルニア 日帰り なし


88%

60万円
(2ヶ所以上の手術では、
1ヶ所当たり15万円追加)

PELD
経皮的内視鏡下
椎間板ヘルニア
摘出術
中度~重度の腰椎椎間板ヘルニア 日帰り
(但し、病状により入院が必要な場合もあり→愛知本院にて実施)
6mm
(鉛筆径大)



94% 130万円
(2ヶ所以上の手術では、
2ヶ所目 70万円、
3ヶ所目 50万円)
変形性脊椎症 Rhizotomy
疼痛過敏神経ラジオ波凝縮術
変形性脊椎症
椎間関節性腰痛
日帰り 2mmの傷が1~4カ所


85% 65万円
骨折 Vesselplasty
経皮的椎体増幅形成術
脊椎圧迫骨折 日帰り
(但し、病状により入院が必要な場合もあり→愛知本院にて実施)
なし


95% 一椎体90万円
(2ヶ所以上の手術では、
二椎体目70万円
三椎体目50万円)

医療法人 全医会
東京腰痛クリニック

〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目1-15第一御幸ビル(2、3階)
→アクセス

脊椎ドック(脊椎精密検査)予約受付番号:
TEL:03-5537-3885 FAX:03-3572-3778
(受付時間 火~土曜 9:00~18:00)日・月曜、祝日 休み

あいちせぼね病院での手術

医療法人 全医会
あいちせぼね病院

あいちせぼね病院は、整形外科学、神経外科学、ペインクリニック、一泊椎間板ヘルニア手術、二泊脊柱管狭窄症手術を取り入れた腰痛・ヘルニアの専門医療機関です

〒484-0066 愛知県犬山市五郎丸上池31-1
TEL:0587-92-3388 FAX:0587-92-3304

このページのトップへ