腰痛、首痛、手足の痺れ、椎間板ヘルニア、背骨の痛みなど頸椎・胸椎・腰椎疾患の治療、脊椎疾患の予防と早期発見を目的とした脊椎ドック(脊椎精密検査)を行っています ~中央区銀座にある東京腰痛クリニック~

よくいただくご質問

ご質問1 なかなか症状が良くなりませんが、脊椎ドック(脊椎精密検査)を受けた方が良いのでしょうか?
ご回答 症状の原因が分らないことには、適切な治療も行えないものです。脊椎ドック(脊椎精密検査)では、症状の原因を9割以上解明いたします。MRI・CT・レントゲン動態検査・専門医師による診察を一時に行い、検査当日に検査結果と適切な治療法をご説明いたします。

このページのトップへ

ご質問2 今、通っている病院で手術が必要と言われましたが、どうしたら良いのか迷っています。
ご回答 脊椎ドック(脊椎精密検査)では、手術が必要かどうか、どのような治療法が適切なのかをご説明いたします。お掛かりの医師から「手術が必要」と言われてご不安な方も、また、強い症状にお困りであるにもかかわらず「手術は不要」と言われている方も、脊椎ドックを受診されて、その検査結果をお聞きになられてから、どのようになさったら良いのかをご検討されてはいかがでしょうか。

このページのトップへ

ご質問3 脊椎ドック(脊椎精密検査)に健康保険は使えないのでしょうか?
ご回答 症状の原因を詳しく調べるために、一時に数種類の検査を行うことから、健康保険の適用外となり自費診療にて実施させていただいておりますが、症状の原因が9割以上解明できます。検査当日に、専門医師から検査結果と適切な治療法についてご説明いたします。病院においては数週間くらい掛かってしまう内容のものを半日で実施いたします。

このページのトップへ

ご質問4 手術に健康保険は使えないのでしょうか?
ご回答 当院や愛知本院で行う手術は、お体へのご負担が少なくなるよう、非常に細い内視鏡などの特別な手術器械を用いて手術を行うことから健康保険の適用外となります。
しかし、皮膚、筋肉、靭帯、骨の切開を最小限に抑えることで、入院期間や安静期間がかなり短くて済み、日常生活や仕事に早く復帰できます。また、体力が落ちることも抑えられますので、ご高齢者には大きなメリットとなります。手術による傷口が小さいことも女性の患者様に喜ばれております。
これらの手術は、世界的に「最小侵襲脊椎手術」と呼ばれている術式ですが、高い技術と鍛錬が必要であることから、これらを執刀できる医師はまだ日本では少数です。当院は、脊椎専門の医療機関として手術件数が年間1,300件の実績があり、また、取り扱っている術式の種類も多いことから病状に適した術式が選択できます。

このページのトップへ

ご質問5 手術を受けるとなると愛知県に行くのでしょうか?
ご回答 日帰り手術は、東京腰痛クリニックにて受けられます。
また、入院を要する手術は、愛知本院である「あいちせぼね病院」にて実施させていただきますが、東京腰痛クリニックに受診された患者様に限り、JR名古屋駅からあいちせぼね病院までのタクシーによる送迎サービスを当院負担にてご手配いたしますのでご安心ください。(注1) あいちせぼね病院には、全国より沢山の患者様にお越しいただいております。
注1:自費手術をお受けになる方が対象となります。

このページのトップへ

ご質問6 長い間、痛みとしびれが続きますが、手術は受けたくありません。調べるだけでも受診できますか?
ご回答 症状の原因、適切な治療法、日常生活の中での注意点などをお知りになるだけでも有益ですので、手術を受けるご意思のない方、他院での治療をお続けになるご予定の方にも脊椎ドック(脊椎精密検査)をお勧めいたしております。まずは、脊椎ドック(脊椎精密検査)を是非受けてみてください。

このページのトップへ

ご質問7 MRIやCTの撮影は、他の場所で行うのですか?
ご回答 MRIとCTの検査場所は、契約をしている画像検査専門の検査センターで行います。
場所は銀座5丁目に1箇所、東京駅八重洲北口に2箇所ございますので、予約時の検査の空き状況でご案内させて頂きます。契約しておりますどの検査センターでも優秀な撮影技師が最新鋭の撮影装置を用いて当グループ指定の撮像法で撮影しております。ご移動の為、ご不便をおかけ致しますが、ご理解をお願い致します。
上記以外にご質問がある方は、お気軽にまずはお電話ください。

このページのトップへ